看護師不足は深刻です

日本は高齢化社会が進んでいます。そのため、看護師の需要は増えていますが看護師の数は足りなくなっています。毎年看護師国家試験を合格した新人看護師が誕生していますが、看護師不足は解消されていません。看護師に憧れて看護師になったのに理想と現実のギャップに耐えきれなくて辞めていく人も多いのです。
白衣の天使と呼ばれている看護師も実際は夜勤や残業も多くあり、現状はなかなか過酷。そのため、肉体的精神的な負担に耐え切れなくなって辞めていく人が多いと聞きます。そして、看護師として働いていても結婚、出産を経て辞めてしまう人もいます。そのため、看護師資格を持っていても看護師として働いていない潜在看護師の数はかなりの数います。
看護師不足解消の手段の一つとして、潜在看護師の職場復帰を促すことはとても重要になってきます。潜在看護師の職場復帰は看護師不足の解消に有効な手段となるでしょう。
滞在看護師の皆さんはこちらのサイトを見て、職場復帰をしてほしいものです。
潜在看護師のライフプランニング
看護師不足ということは看護師の求人がたくさんあるということです。選べる職場が多いということはより待遇がよい職場に、人材の人気が集中します。地方より大都市の方が求人が多い分待遇も良く、スキルアップできる環境が整っているので大都市に看護師が集中しやすいようです。地方から看護師がいなくなると地方の医療が崩壊してしまいます。理想は地方でも都会でも同じような医療行為が受けられることですが、実現はかなり難しいようです。看護不足は深刻ですから早めに対策が取られないと、今後大変なことになるでしょう。

0 件のコメント
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>