今後の医療発展のために

医療の仕事で収益を上げて、経済活動の一翼となるように意識している方がおられるでしょう。しかし、病院にかかる患者によって収益が賄われていくため、まるで弱者からお金を吸い上げているかのような感覚を覚える方がいても不思議ではないと思うのです。それでも、病院の経営が軌道に乗ることで多くの収益が発生したのならば、その収益を病院の医療設備や医療機器に投資していこうという余裕が生まれるのであり、ひいては患者のための質の高い医療行為へとつながっていくのです。患者が病院へ医療費として支払ったお金から、後の患者を救うための資金源になるということは、ひとつの深い縁として結ばれているような感じがします。よく昔から、金は天下の回り物という言葉がある通り、医療においても発生した収益が今後の医療技術の発展に関わってくるという良き流れが実現されているのです。
医療社会において、病院が収益を上げるために人件費を削減する場合があります。しかし、社会問題となっている看護師不足の現状があるのならば、利益追求のために医師や看護師に負担を強いるべきではないと思います。人手不足によって生じる余裕のない職場環境が、医療関係者を窮地に追い込んでいく悪循環の温床になるのだということを認識していくべきです。病院の収益の獲得のために労働者の報酬を削る考えは撤廃していかなければなりません。

0 件のコメント
まだコメントはありません。

コメントする

XHTML: 使用可能タグ: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>